料亭「濱乃家」の本格派きりたんぽ鍋のお取り寄せが絶品と評判

最近はスーパーへ行くとたくさんの鍋のスープが並んでおり、改めて棚を見てみるとその種類の多さには驚かされるほどです。おかげで水炊きやすき焼きといった定番の鍋以外も簡単に作ることができ、鍋のレパートリーが増えて助かりますよね。でも、スープが簡単に手に入っても、具材そのものを特徴とした鍋を家庭で作るのはなかなか難しいものです。たとえば、きりたんぽ鍋。名前は聞いたことがあるけれど、食べたことはないという方も多いのではないでしょうか。

 

こちらの「料亭 濱乃家 きりたんぽ鍋」はスープはもちろん、7種類の食材と鳥海山麓に湧き出た自然水までがセットになっており、火と鍋さえあればすぐにきりたんぽ鍋を作ることができるこだわりの商品です。きりたんぽにはいくつもの品種を試した末にたどり着いた「ササニシキ」を使い、旨みや甘み、粘りといったお米の持ち味を楽しむことができます。また、郷土料理店や専門店で食べても煮崩れることの多いきりたんぽですが、こちらでは米粒の食感を残しながらも煮崩れることのない絶妙な加減に仕上げており、しっかりとした歯触りを感じらるのが特徴です。このきりたんぽをはじめ、比内地鶏、芹や舞茸、ごぼうなどセットになっている食材は全て秋田県産。比内地鶏のガラを約4日間も煮込んだだしは濃厚なのにまろやかな口当たりで、上品な味わいです。

 

厳選された上質な材料ばかりを揃えたセットですので、外食せずとも自宅で料亭の味を再現することができます。体にやさしい具材の鍋は、忘年会の名目で行う鍋パーティーや仕事納めの日の夕食にいただくと1年間の疲れを癒してくれそうですし、年が明けておせち料理に飽きてきた頃にも良いですね。楽しくわいわい盛り上がるというより、穏やかにじっくりと味わいたいシーンでセレクトしていただきたい鍋です。